FC2ブログ

婦人科 体癌検査 細胞診

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

婦人科 体癌検査 細胞診



※基本的にこのブログは「子宮内膜増殖症」に関する記事をメインにしています
細胞診」と言っても、その他の病気とは少々違う場合もありますので
あらかじめご了承ください

また私が実際に受けた検査や自分が知りうる書籍などからの情報
記事を作成していますので、病院やドクターにより違う場合も多々あるということは
御理解下さい




☆細胞診☆


まず膣から子宮の中が見えるように 
中を少し広げる道具(クスコーとか膣鏡といいます)を入れます



これはお腹を切らずに、膣をそのまま少し広げて 
目視やモニターなどでドクターが検査するのに使う道具ですので
たいていの婦人科での検査で使われる処置ですね

それをまず入れて、その道具の中を通して子宮の中に 
綿棒のような細長い道具を入れて
子宮内部の細胞を数か所、ちょっと取ってきて調べる検査です

細胞を採取するのですから 
子宮内膜の表面をコショッとこする感じですね

麻酔なしでその場で行うので、人により個人差が大きいのですが
少し、痛みや出血があるのが普通です

道具は綿棒のようなものや、細長いチューブ状のもので細胞を吸い取るタイプなど
病院によりいろいろのようですが、採取した細胞を顕微鏡で見て
異常がないかなど調べる検査で、子宮体癌の検査と同じです

microscope-.jpg


私は最初からスゴイ怖がっていたので、広げる道具だけでも痛かったですねー

怖がらずリラックスできれば、痛みも少ないハズなんですが・・・ビビリなんで・・・(T▽T)

でも細胞診はすぐに終わるので、ちょっと辛抱すれば大丈夫♪
・・・多分、普通はこの検査ではほとんどの方が
たいして痛くもないと思いますよ


この検査で何かの異常が見つかった場合は次の検査へ進みます

私の場合は以前、この細胞診で異形成細胞が見つかり
次の検査を連続して行いました

このあたりまでは、普通の産婦人科でもやってくださる検査だと思います

ここで異常が見つかった場合には、個人の小規模な産婦人科の場合
大きな病院への移動などが勧められると思います
私はそうでした


ちなみに子宮頚癌検査は、学校や自治体などでも安価または無料などで
受けられるようになりつつありますが

子宮体癌検査は地方自治体などの補助あり(リーズナブルな予算での検査)では、なかなか受けられません
医師の検査の必要がある、という判断がないと検査しないのが通常のようです


※子宮頸癌検査と子宮体癌検査の違いは
子宮頚部の内部の細胞を採取するか子宮内部の細胞を採取するかの違いです

もし子宮体癌の検査を考えている方はご参考までに☆

ただ、注意として子宮体癌の検査は
病院により不正出血などの異常がない場合はこの検査だけしてほしいと
依頼しても受付してくれない場合がありますのでご注意ください







関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (2)

ミヤニャンさん♪
そーなんですよー(TT)自分で自分のために休みとって病院に行ってるのに、いざ診察台にあがると「カチーン」と硬直してしまいます^^;
イヤ、ってのもありますよね。そりゃ、一番見られたくない部分ですもん。腕とか自分で見える位置のキズや検査なら平気なんですが、見えない分余計怖くて・・・。そう、痛い、怖いなんて言ってられません。ええ・・・ホント(T▽T)w
隣のオバちゃん(ありんこ) URL 2010-06-23 23:52

婦人科の検査は
例え検診の検査でも
思いっきり力が入ってしまいます。
イヤだって感覚が先に立っちゃうんでしょうね。
でも体の為を思ったら
イヤなんて言ってられないよね。
ミヤニャン URL 2010-06-23 23:24

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 困ったぽんぽん All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。