スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

子宮内膜掻爬術 体験記 ②レポート弐




子宮内膜掻爬術 ②レポート壱」の続き

先に説明しておきますね 
通常は全身麻酔をしますが私は少々喘息っけがあるので
静脈麻酔になりました

全身麻酔は自発呼吸が出来ない状態になるので
喘息の人にはあまり向かないようです
私の受けた静脈麻酔は、自発呼吸のできる一番全身麻酔に近い麻酔だったそうです
だからか完全には意識がなくならなかったようです

続き*******************************



診察台のようなベッドに寝るよう指示される私

ambulance-.jpg
※画像はイメージです

いわゆるこの手術室の中には、さっきの看護師さんとは別の
手術を手伝う看護師さん?が二人

「背が高いねー ちょっと高さかえましょう」
なんか調節

すぐに胸とお腹に3か所、丸いばんそうこうみたいのに
電極が繋いであるものをつけられ 心電図が私の左側で


ぴっ・ぴっ・・・
と鳴りだす

指にも洗濯バサミみたいのをつけられる
(血中酸素濃度測るヤツだな・・・)
これも左側で、なんかモニターが表示されている

「すぐできそう?」
ドクター登場

「この診察台(?)前の型と違うから 
誰かセットかえてあるみたいでー」




看護師さんがなんか苦労してセットしてる
どうやら、通常の手術とこういう婦人科の手術は違って、やっぱり足を載せたり
するのでなんか足元に取り付けが必要な感じ

(・・・・・・・・・・)



まあ、当日の手術が多かったんだろけど
ひとりの看護師さんがセットをして、もうひとりが私の右側にいる

「痛くないといいんですけどねー」
不安なので話しかけてみる

「うーん、痛いから麻酔するからねー」
困ったような顔の看護師さんの返事

・・・まあ、そりゃそうだよね・・・
・・・・・・・こえー・・・
(T▽T)

なかなかセットが終わらない
(・・・先にやっといてくれよ~・・・)



少々じれてきた私
ようやくセットができて

「じゃあここに足を載せてくださいねー」
ベッドの足もとあたりに斜め横に小型の台がついた
そこに足を載せる



載せる時に足に空気を中に入れて柔らかく膨らませてある
モバイルバッグの布みたいので作った
ベルトのついた筒状になるものに足を入れる
保護具?
(これで台に固定するのかな?)

「もう少し下にさがってください」
(・・・私そんなにデカイかなー・・・身長165ですが・・・)

ここまでで手術室に入って、すでに10分くらいは時間がたっているので
妙に緊張してきた・・・やべー・・・

カッ
と足元のほうにTVでよく見るような手術室の上にある
電球がいっぱいついたような大きなライトが点灯

(ライトってあったかいもんなんだー)
股のあたりがライトの熱で暖かくなる

「じゃあ消毒しますねー」
ドクターがごそごそなんか始めた

「痛みどめを入れますよー」
看護師さんが言う
点滴の管のところに、コネクター(接続できるなんかみたいなの)があり
腕に直接注射ではなく点滴に追加して入れるようだ



・・・なるほどね~
手順とかはわかったが・・・・・・ 

・・・・・・・アカン かなり怖い

「麻酔入れますねー、頭がぼ~っとしてきますよー」
看護師さんが次々に声をかける

ごり・・・ぐり・・・

「・・・! いっ! た・・!」
ドクターがなにやらやってるのが痛い! 

「えっ?まだ消毒してるだけだから 
このくらいはガマンして」


・・・と言われても、痛くて思わず上の方に体が逃げる

「もう少し体を下におろしてくださいねー」

「・・・っ! ・・ふっ! っ!!」
絶対!消毒じゃなくて!なんか入れてるし !
痛いって!!

「頭、ぼ~っとしてませんか?」
看護師さんが聞く

「全然!麻酔効いてませんよー!」

すでに半泣きの私

右側の看護師さんがモニターを見ながら
「緊張してみえるからかな~」

ここでドクターが指示をしたようで薬の量を増やしたみたい



「もうすぐ頭がぼ~っとしてきますよー」
左側の看護師さんが言う

「患者さん痛がってみえるから少し待とうか~」
ドクターが言ってくれる

「緊張してると麻酔効かないんですか?」
看護師さんの声
 
「うん、僕もヘルニアの手術やった時 
すぐには効かなかったなあ」

ドクターの声

「頭、ぼ~っとしてきましたか?」
看護師さんが聞く

「はい頭は、ぼ~っとしてきました」
意識はまだあるけど・・・


・・・・・このあたりでいつ眼をつぶったのかわからなくなる




眼を閉じてラジオかTVを聞きながら夢を見てるような感じで
眼の前には鮮やかな黄色やピンクのネオンのようなものが
高速で走るような、SF映画の未来都市の夜景を見てるような中
時々明確にドクターと看護師さんの声が聞こえる

痛みはないけど時々、お腹のあたりや股のあたりに
なにかの感触があり

(トイレ(大)したいような・・・
もれないやろか・・・)

とか考えてたw

「生理用品どこにありますか?」
看護師さんの声

「あー、病室にあるので主人に聞いてみてください」
多分、手術室内の電話かなんかで連絡したらしい

お、もう終わりそうか?

「あれ?これ子供さんのおむつじゃない?」
あ、届いたんだ



「いえ、私子供いないし
それパンツタイプのですごく伸びるんですよ」

なんだか自分の声が聞こえずらい

「へえー、今は便利なのあるんだね~
これ尿漏れとかにもいいんじゃない?」

ドクターがなんか感心してるのがおかしいw

使っている人、意外に少ないのかな?
ロリエ 超吸収ガード 安心ショーツ
まるきりオムツみたいに見えるけど、一番安心して使える生理用品なんだけどなあ

・・・あ、右足の巻いてある保護具?が外されてる
ってことは目を開けていいころかなー
って私、いつ眼を閉じたんだろう・・・


ぼんやり思う

・・・あ、左足のほうも 外してる
眼を開けよう


いつの間にかロリエ 超吸収ガード 安心ショーツは履かせてもらっているよう

「見えてますか~」
ドクターが左前あたりで手をひらひら降ってる

「見えてまーす」
ふと時間が気になった

「頭動かしていいですか?今何時かな?」



麻酔後は頭とか動かすと頭痛や吐き気がするのを見てきているので
聞いてみた

「いいですよ」
看護師さんの声で左側の壁を見る




PM1:50

「40分くらいかかったんですねー」
やっぱり自分の声がなんだか遠くに聞こえて
自然に声が大きくなってないか?私・・・

「んー、そうねーじゃあ、隣にごろっと移動してください」
看護師さんに言われると、診察台?の左側にベッドらしきものがある
看護師さんが二人で移動を手伝ってくれる感じ

「あー、私デカイから重いですよーw」
言いながら動こうとするけど、うまく体が持ち上がらない
寝ながら横に転がることにする

「あらあら、ぐらぐらねー」
看護師さんが言う

「あははー、ダメですわー」
意識はあるけど、やっぱり声が遠くに聞こえて
体がぐらぐらの酔っ払い状態に近い感じw

ガラガラ通路をベッドで移動
「あれ?靴下(むくみ防止用の長いハイソックスを
手術前に 履かされてた)履いたままだねー
もらってく?」


へっ?もらっていいの?

「もらっていいんですか?これスリムウォーク
みたいなヤツですよねー」


「いいんじゃない?病院のだから高くてイイヤツよ~w」

「やった♪ラッキー♪」
・・・なんだか私ちょっと、テンション高くないか?
まあ、 麻酔抜けきってないからだろなーw




もう少し続くので 「子宮内膜掻爬術 ②レポート参」 を追加します^^;











関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (4)

Re: タイトルなし

makaさん♪
アタリ、でしたか~^^;実際にそういうの、なんですねえ。
強制ではなく、任意、であるなら、主張して然るべきだと思いますよ。
医学のため、後続の医療のため・・・わかりますが患者に無理強いさせて
よいという時代ではありませんよね。

鬱やパニックの傾向のある方などは通常の体癌検査などでも
麻酔を使うこともあるそうです。
検査自体に恐怖を覚えてリスクがある場合、のようですが・・・

makaさんが、大人数での検査が不安でストレスになって
このままでは、その病院での検査ができないかもしれないんだ!
ということを理解してもらわないと、ですよね。

麻酔については、基本的には全身麻酔が一般的のようです。
静脈麻酔は、私のように喘息など呼吸器のリスクのある人に使うもののようですので
どちらがいいのかは私にはわかりません^^;
ちなみに、主人が20年以上前ですが、交通事故で3回ほど全身麻酔の手術を受けましたが
あっと言う間に意識がなくなってラク、とは言っていましたw

術後のリスクはわかりませんが、2泊3日とうことは
そのくらい回復に時間が必要なのかもしれませんね。
実際、静脈麻酔の私でも回復にはそれくらいはかかりましたけど^^;w

しかし、2か月に1回の内膜掻把、ですか?
ビックリしました@@;
かなり、患者の体にも経済的にもリスクが大きいような・・・
異型子宮内膜増殖症、なのでしょうか?
そうなると、こまめに内膜掻把をするものらしいです

なら、なおさら医師との信頼関係は大事ですよね
検査や手術が好きな人などいませんよね!

体にも気持ち的にもリスクは大きく、経済的にもご家庭にも負担ですし、仕事にも差支えます
お医者さんも人間ですので、キツイ言い方でなく、お願い!という感じで
どうしても辛い、怖い、ということを理解してもらって、負担少なくできますように☆

保険にしっかり入られていて、よかったです~!
以前は通院までのセットの保険は少なかったですもんね^^;
高いし・・・

年に何回も手術や入院があるなら、通院を合わせて高額医療の範囲になるかもしれません
事前に高額医療の限度額申請をされるのも手、かもしれませんよ☆
ブログのカテゴリーで皮膚癌の中に、「手術前の準備」という記事がありますので
そこに少々書いてありますから、ご参考にしてみてくださいね^^




ありんこぶるー URL 2015-04-22 14:48

Re: 参考になりました☆彡

makaさん♪

あはははは!まな板の鯉!w確かにねえw

修学旅行で友達とお風呂に入るのも抵抗あるような人だった私も
仕事で寮生活して慣れたように、慣れ、ってありますよ♪
抵抗あるのはわかります

病院によっていろいろ設備もやり方も違うと思いますが、もしも
施術の前に診察なり連絡できるのであれば、自分がそういう状態で
精神的にとても苦痛であるなど、相談してみると考慮してくださる場合も
あると思います。うつ病の方などで診察に麻酔を使うこともあるらしいので
自分で訴えることで分かってもらえることもあるようです。

脅すわけではありませんが、大きな病院や大学病院などだとインターン研修が多く
施術を多くの学生に見学されることがあります。
お医者さんに見られるだけでもとんでもない!と思うものですが
実際にお医者さんになるのに学生さんがそういう実際の現場を見て
というのは必要なのもわかります

私は幸いガチあったことはないですけど、事前にどうしても無理!と
行っておくことで対処してくれることもあると思いますよ^^b

子宮内膜掻把は記事中に書いたように、状態により
治療なのか検査なのか変わってきますので保険の適用も変わります

makaさんが、治療のために受けるのであれば保険が適用されると思います
該当する保険に入っていればですが・・・

そこらへんも時間があれば考えてみてくださいね☆

ぶっちゃけ、私は記事中でも書きましたが、組織診よりずっとラクでしたよーw
きばらずに、麻酔でわからないので安心してくださいね^^

ありんこぶるー URL 2015-04-09 15:14

Re: ありがとうございます!

makaさん♪

答えられるだけお答えしますね^^b


> なぜ普通の手術台を使うんですかね??

格好は内診台と同じ感じですよ。
掻把手術ですから、例えば生理前の時期に処置をしたら内膜も分厚く、いろいろ詰まってますよねw
そうすると掻き出したとき、大量に出てきたり出血も多い場合もあるでしょう。
それと私のように、麻酔が効きにくい人の場合は麻酔を追加で使う場合もあるでしょうし
通常の診察室ではできない処置が多いでしょうし、変化があってもすぐに
対応しやすいからではないかと思います。

> 開脚はなるべく開始直前にしたいんですが。。ムリなのかな。。。。T_T
> 開脚状態で、タオルやカーテンもなしで、一切隠れない状態なんですね。。
> あ、でも、病衣は着たままで、上半身は隠れてますか?
> でも、電極とか付けるという事は、脱がされてこちらも丸出しでしょうか。。?T_T

手術台に乗るとすぐに開脚状態ですよw
私の場合は、たまたますぐ前に別の科の手術があったようで
だから婦人科用の設備になっておらず、手間取ったようです。普通は準備されてると思いますよ。
目隠しに関しては病院によると思います。現に私は皮膚癌の手術をしたとき
タオルでついたてのようにして目隠しされました。私は見えてる方が安心なので
見たかったんですけどねーw
電極は胸にもつけますが、服の下でした。つまり、電極を付けて術衣を直した感じでしたので
自分から見える範囲は服を着ていました。


> 某サイトがどこかわからないですが、他でも質問してます^^;
> でも削除はしてないので、その方ではないかと思います。

知恵袋でしたが、私が回答したときにアクセスがおかしかった感じなので
うちのパソコンの環境のせいかもしれませんし、お人違いだったかもなので
失礼しました^^;



> 私は30代なんですが、人に裸を見られる事にとても抵抗がありまして・・・精神的な苦痛の方が強くて辛いです(_ _;)
>


いくつになっても婦人科の診察自体、恥ずかしいし、いやですよ~!w
私も婦人科や皮膚科に行くとき、診察部位が部位なので気が重いですよ^^;w
でも、おっしゃるとおり、
「仕方ない」につきますよね。
病院に行って診察を受けるということは、なにがしかの自覚症状があったり
不快な状態であるから、行かざるを得ないのだと思います。

実際に婦人科に行くのがイヤで、診察がイヤで、男性の医者だから嫌で
などなどの理由で病院にいかずに、倒れてから、うんと悪くなってから
という方も多いようです。
でもそうなったら、簡単にすむはずの処置も大きな手術になったり
場合によっては命に係わることもあるでしょう。

できるだけ異変は早めに気づくようにして、検査ではっきりさせてもらい
処置ができるなら早めに処置して治したいですよね。

いやでしょうが、あきらめて?w覚悟を決めていっちゃいましょう!w
大きな問題がないことを祈ります☆

また何か疑問があれば、答えられる範囲でお答えしますよ^0^

ありんこぶるー URL 2015-04-06 14:12

Re: はじめまして!!

makaさん♪
ご質問にお答えしますね♪
あくまで私の体験ですが^^;w

> 1、手術は、通常の内診時のような感じでしょうか?
> →内診台なのか、カーテン越しに行うのかが気になってます。何も隠されてない状態でベットに横たわり、下着を脱いで足を広げて乗るのでしょうか・・・?

病院の設備によるかもしれませんが、私は本当の手術室で手術台?というか手術用のベッドでした。
何も隠されてはいません。ただ婦人科系の手術なので足のところに特殊な板のようなものがつけられていました。記事を読んでくださると助かります^^下着もつけません。開脚状態です。内部を掻把するのでこれは仕方ないことですね。
まあ、麻酔が効くので何も見えませんけどねw

> 2、手術中の服は、病衣か何かでしょうか?
> →手術後に履く下着も、通常の物で良いのでしょうか?

術衣です。ジャージのような浴衣の短いようなものと思って下さいw術前に指示があると思いますが、術後にはナプキンと下着を用意するように言われます。私は出血が多いかも、と思ってショーツタイプの生理用品と生理用ショーツを用意しました。意外に出血しませんでしたがw

> 3、執刀医以外に、何名程お部屋にいましたか?


執刀医は担当の先生でした。ほかに手術の補佐?の看護師さん?が2人、だったと思います。


1・2については、かなり探してもどこにも書かれておらず・・・。
> 色々教えて頂けると助かります(>人<)
> よろしくお願いいたします☆彡


気づくのが少し遅れてすみません。もしかして、某サイトで質問されていた方ですか?
回答したときに、ちょうど質問が消されてしまって、気になっていたんです。
もしそうなら、お力になれるなら努力しますよ☆^^b
ありんこぶるー URL 2015-04-04 21:14

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 困ったぽんぽん All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。