スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

子宮内膜増殖症と子宮内膜症

ネットや本などで調べると
子宮内膜増殖症
は、なかなか見つかりませんが

子宮内膜症
はすぐに見つかります

コレはとてもよく似た名前の病気(症状)ですが、実は

違う病気(症状)なのです

puzzle-.jpg

子宮内膜症とは

子宮以外の場所に、内膜とよく似た組織が出来てしまい
それがホルモンの影響で、毎月生理と同じように
増殖してしまう病気です

通常の子宮の中であれば、生理として体外に排出されますが
例えば、卵管や卵巣、腸などに出来てしまうと
増殖した内膜に似た組織は排出できず、そこに留まってしまいます

その状態が続くと、炎症を起こして大きくなったり
他の組織とくっついて癒着してしまうことがあります

特に卵巣の中にできるものは
卵巣チョコレートのう胞と言うそうです

endometriosis-.jpg

なぜこういうことが起きるのか、原因はわかっていないそうです

ただ、近年の女性の出産回数の減少・・・
つまり生理の回数が多いほどリスクが高いのでは?
と言われています

つまり、現代女性なら誰でもなる可能性のある病気ですね


子宮内膜症の症状
として
強い月経痛(生理痛)があり、どんどん痛みがひどくなると言う特徴があります

これは子宮内膜に似た組織が、排出されることなく、そのまま大きくなってしまうから
痛みがひどくなる、ということでしょう

また、子宮内膜症はできた場所により傷む場所も違うようです
卵巣なら下腹部、腸の上の方ならおなかの上の方、などでほかの病気かと思うこともあるようです

ただ、これも個人差があり、痛みを感じない人もいるとのことで
気が付かずに大きくなってしまい、検診などで気づくこともあるようです

症状というか付随する弊害として
不妊症の原因のひとつでもあると言われています



子宮内膜増殖症とは

「子宮内膜増殖症とは?①」
「子宮内膜増殖症とは?②」
に記事がありますので、ご参考までに☆
ここでは、子宮内膜症と違う部分を書きだしてみますね

子宮内膜自体が必要以上に増殖してしまう病気(症状)です

原因は女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの過剰反応ではないか
と言われています

こちらも生理の回数が多いと起きやすいらしく
出産経験のない人がなりやすい
と言われています


子宮内膜症と子宮内膜増殖症は

どこに内膜もしくは内膜に似た組織ができて増えるか、が違うみたいです

症状や名前はよく似ていますが治療の方法など 
違う病気(症状)だと言うことですね☆











関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 困ったぽんぽん All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。